脳卒中ノートってなに?

脳卒中とは?

脳卒中は頭の中の血管に起こる病気で「がん」「心筋梗塞」「肺炎」についで、日本人の死亡原因の4位になっています。
死には至らなくても、寝たきりになってしまう原因としては1位の病気です。
脳卒中には、脳の血管が破れて出血する「脳出血」「くも膜下出血」と、脳の血管が詰まる「脳梗塞」があります。

脳出血

脳出血

脳の中で出血が起こった状態を「脳出血」と言います。 原因はいろいろですが、最も多いのは高血圧による脳出血です。

くも膜下出血

くも膜下出血

脳の表面には「くも膜」という薄い膜があり、その「くも膜」と脳の間には大きな血管が走っています。その血管に動脈瘤という膨らみができて破裂する病気が「くも膜下出血」です。

脳梗塞

脳梗塞

「脳梗塞」は脳の血管が細くなったり、血管に血栓(血のかたまり)が詰まったりして、脳に酸素や栄養が送られなくなるために、脳の細胞が障害を受ける病気です。

脳卒中ノートにはさらに詳しい内容が書いてあります。

あれ? おかしいと思ったら

「顔」「腕」「言葉」で脳卒中を簡易判断しましょう。

「ACT F・A・S・T」「顔」「腕」「言葉」で脳卒中を簡易判断しましょう。
このページの上へ

脳卒中は再発予防が重要です。

脳卒中を発症した人の多くは、その背景に生活習慣や高血圧、メタボリックシンドロームなどの危険因子を抱えています。
再発を防ぐためにも、また脳血管の動脈硬化などを進行させないように、生活習慣を改善し、慢性的な危険因子の管理を続けることが大切です。

改善したい生活習慣

  • 喫煙
  • 不適切な食生活
  • 過度の飲酒
  • 夜更かし、睡眠不足

管理したい危険因子

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 心房細動
  • 脂質異常症
  • 慢性腎臓病(CKD)
  • メタボリック シンドローム

リハビリと在宅治療について

脳卒中になると脳に損傷を起こすために、さまざまな障害が現れます。
患者さん本人が自覚できる後遺症だけでなく、外見では分からない「高次脳機能障害」などの後遺症もあります。
「脳卒中ノート」にはその主な内容が掲載されていますので、ご家族の方も是非読んで理解して下さい。

あせらず、ゆっくり、頑張りましょう。

在宅リハビリのポイント

家庭に戻ったら再発予防と前向きな生活が大事です。
自分の生活目標をしっかり持って、再入院しなくてすむように頑張りましょう。

在宅リハビリの生活目標「太らない・転ばない・閉じこもらない」
それぞれの項目についてさらに詳しい内容が「脳卒中ノート」に書かれています。

あなたの記録

脳卒中は自覚症状もなく、突然に再発することがあります。
突然倒れたりした場合には、以前からの情報があれば敏速に的確な治療を行ったり、事情の分かる介護施設などと素早く連携を図ることができます。
また、ケアマネージャーさんとの連絡事項なども記録することで確実になります。
「あなたの記録」のページは、あなたを支える周囲の人とあなたを繋ぐ大切なページです。

記録内容は

  • 緊急時連絡先
  • かかりつけのお医者さん
  • これまでの病気治療歴
  • 介護保険の事業所やケアマネージャーの情報
  • ケアマネージャーさんへの質問や連絡事項
  • ケアマネージャーさんからの連絡事項
などがあります。

クリックすると書きこみ例が・・・
このページの上へ